スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

長崎市民の一員として 『一幕まで』

2009.03.16 *Mon
昨年の夏ごろだったでしょうか、長崎市文化振興課の岩永さんより、ブリックホール開館10周年を記念して、市民参加音楽劇を行うので、演奏で参加して欲しいと依頼を受けました。



話を聴かせていただくと、とても興味ある内容だと感じ、即座に参加させていただくこととなりました。





昨年の11月に演奏者が初めてのリハーサルを行い、その日に全スタッフによる顔合わせも兼ねた懇親会がありました。この時点では、どのような舞台になるのか、ほとんど想像することができませんでした。



市民参加という事で、役者の皆さんはオーディションを経て選ばれた長崎市民の方々です。本番直前に知ったのですが、初めて舞台に上がられる方もいらっしゃれば、劇団などに所属され、バリバリと演劇をされてる方もいらっしゃいました。



音楽制作は、長崎市出身の作曲家、橋本剛さん、今回の音楽劇のために、30曲あまりの曲を作編曲、そして、ピアニカ、トイピアノ、ピアノも演奏されました。そのあたりの模様は、後述いたしますね。





演出は、岩崎正裕さん、大阪で劇団太陽族を

http://www.ne.jp/asahi/gekidan/taiyozoku/主宰されています。





先週小屋入りしてから、演出が施されていく様を、目の当たりにしたのですが、そこには、妥協と言う文字は、一切ありませんでした。センチ単位の、いやミリ単位かも、そして100分の1秒単位の細かい修正、修正、そしてダメだし。



演劇が作られていく様ってのは、役者の皆さん個々人の持ち味も引き出しつつ全体として統合、調整されていく、でもとても生ものであって、微妙なバランスの上に鮮度が保たれていると感じました。このあたりもさらに後述します。





今回の演奏はオーケストラと紹介されていますが、かなり変則で小編成なアンサンブルでした。

橋本剛:コンダクト ピアノ ピアニカ トイピアノ

色麻弥生:フルート ピッコロ

池田祐希:ファゴット

濱口知紗子:アルトサックス

岩田偉:アルトサックス

池田智紀:トランペット

柴田健一:トロンボーン

吉村衣利香:ピアノ

村岡志麻:エレクトーン

河本洋平:ヴァイオリン

田川遊人:エレクトリックベース、コントラバス

吉本啓倫:ドラムセット パーカッション

桝田尚子:ティンパニー パーカッション



13人編成のオケで、それこそ様々な音楽スタイル、リズムに乗った楽曲を演奏いたしました。









概略は、これくらいにして、二日間の公演を時間に沿ってご紹介したいと思います。



公演初日14日土曜日はほぼ九時過ぎに会場ブリックホールに到着。前日のGPの結果に基づき、修正、確認が必要である箇所が、かえされていきました。その中でも、修正、ダメだしが演出家岩崎さんからドンドンと出されていきます。



さて、この物語のタイトルのpassionと言う言葉は、受難と言う意味を持っています。この100年間に長崎にもたらされた受難の場面を主人公が、時間を越えて旅をします。原爆落下、端島(かつて世界最高の人口密度だった島、またの名をその姿から軍艦島)での炭鉱事故、私が大学3年の時に起きた、長崎大水害・・・が、舞台上に表現されます。



私の母の兄は、原爆落下の日、夏休みだったのですが、研究のため、長崎大学医学部に行っていたそうで、原爆によって瞬時に命を絶たれたと、聞いていました。そして私はその長崎で生まれ育ってきました。その中でそういう場面が芝居にかけられるのは、微妙に複雑な心情を持っておりました。できることならば、11時2分にリハをとめて黙祷ができればという思いを、持っておりました。



そんな思いの中、夕方の4時30分にリハが終了、私の思いは私だけではありませんでした。演出補佐の福田修志さんの進言により、出演者、スタッフ全員で、受難によりなくなられた方々へ、黙祷をささげました。



ひとつ、気持ちがあらたになり、本番までの時間を待ちました。





開演10分前にpassion音楽団と名づけられた演奏陣が、ステージ上の大ゼリにしこまれた演奏スペースへ、移動。チューニングを済ませ、静かに開演を待ちました。



ほどなく、この日しか聴けない橋本さん作曲の1ベルが、場内に鳴り、その五分後に開演でした。



長崎の地名を語りつつ、役者の皆さんが、会場からステージへ。



これから先は、当日使用した演奏進行表に基づいてお話いたします。



【第1幕】

01 あの夏の日を思い出す1

「光あれ」の叫びと共に、我々も演奏スタート。美しい転調を何度か繰り返すこの曲、美しい歌声と共に曲は進んでいきました。



02 【劇伴】徘徊者のセリフに合わせて音出し

台本の一部を、譜面代わりに、役者さんのセリフをキッカケとして、効果音を演奏者が奏でます。

路面電車の走行音、車のブレーキ音、衝突音、靴が舞い上がる音、靴が地面に落ちる音、アチャーって感じの音、水虫って言葉に反応した音、お金が無くて困っているって言う音、スズメの涙の音、トカゲのしっぱが切れた音、

・・・今、こうして書き出してみると、結構な音を出していたんですね。テンポもタイミングもバッチリだったのでは。



03 白い花

オールドスイングスタイルの曲、楽団もスイング、歌も踊りもスイングしてました。



04 【劇伴】徘徊者にたかられたタミオがテレポーテーションする音楽

橋本さんのピアノと吉本さんのパーカッションで演奏されました。



05 intro込み→ヘヴンズドア

この曲も、スイングビートに乗った曲でした。途中、池田さんのラッパソロ、そして私も4小節のアドリブソロを演奏いたしました。



06 遠い夏の日1

とてもポップでありながら美しいメロディーを持つこの曲、池田さんのファゴットが、前奏、後奏にせつない感情を伝えました。



この曲では、ダンサーの皆さんが登場。前日のGPの時から思っていたのですが、振り付けと言うか、ダンスそのものと言うか、音楽と、そして歌詞と、本当に一体化していて、観ていて(トロンボーンはこの曲全休)吸い込まれるようでした。振り付けをされた西由美子さんと後でお話させていただいたのですが、お話していて、ダンスとジャズのアドリブと、とても共通する点が多いと思いました。素晴らしい振り付けをされた西由美子さん、いい勉強をさせていただきました。ありがとうございます。



07 【劇伴】Perのみの一瞬の演奏

天使の登場にあわせて、ウインドチャイムが奏でられました。



08 のぼれ!ロープウェー

子供の役者の皆さんの元気な歌声と共に、演奏いたしました。ワクワクするような曲でした。



09 長崎の坂で恋をして

まさに、ムード歌謡、内山田洋とクールファイブを髣髴とさせるような雰囲気を持つ曲。間奏と後奏の濱口さんのアルトサックスソロも、ムーディーに会場に響いていました。



10 【劇伴】諍いのループ

芝居に合わせて6小節の緊張感のある音楽が繰り返されました。芝居のタイミングをキッカケに、演奏終了。



11 遠い夏の日2

今度は歌う人が変わって、演奏されました。



このあたりで、役者の皆さんが、まさに今日この本番でベストのものを出されているのを、ビシバシと、ステージの後ろで感じておりました。

歌声も、セリフも、本当に素晴らしいと思いました。



12 【劇伴】裡なる海へ

ピアノの吉村さんと、エレクトーンの村岡さんの二人による演奏でした。



13 パラパラ

長崎大水害の雨音がそのまま、曲のモチーフになってました。8分の7拍子のこの曲、歌が8分音符を刻みます。リハでは何度か、おぉ・・・って事がありましたが、本番では、うまくいったと思います。



14 神のご意思に導かれ

ヴァイオリンの河本さんの前奏、後奏の美しいメロディに導かれて、祈りを捧げるかのようなメロディーが歌われました。とても印象に残る曲です。

中村美紀さんの歌、素晴らしかったです。



15 【劇伴】原爆投下の音

トロンボーンとファゴットのF音(F2)で。演出の岩崎さんの演出に合わせてダイナミクス激しく、演奏いたしました。



16 【劇伴】神のご意思のPf ver.

橋本さんが、演劇にあわせて、ダイナミクスもダイナミック!に演奏されました。



17 【演奏無し】伝書鳩

アカペラで、子守唄の様な歌が歌われました。



18 GP時点でカットとなりました。



19 すべては消えていた

この曲を、初めて演奏したときは、言葉を失いました。重い、重い、絶望感、喪失感が曲に、こめられています。混成四部の素晴らしい合唱が観客の皆さんの心に、何かを伝えました。

曲が終わって、拍手があったのは・・・ここが、NAGASAKIだからだと思いました。



20 炭掘る仲間

高らかなファンファーレと共に始まるマーチ調の曲、役者の皆さんの歌声、本当にパワーに溢れておりました。



21 【劇伴】タイガーの再登場に合わせて

桝田さんのティンパニーではじまり、さらにパーカッションが加わる演奏でした。



22 【劇伴】スローモーションで伝書鳩

橋本さんが、トイピアノ(対象年齢3才ぐらいから^^)で演奏されました。



23 黒いダイヤ

つるはしを振るうリズムが、曲を通じて鳴り響きます。サックスはテクニカルなリフがありましたね。



24 【演奏無し】炭掘る仲間

アカペラで歌われました。



25 あの夏の日を思い出す2

幕開けと同じ曲で、一幕は閉幕となりました。あたたかい会場の皆さんの拍手を頂戴いたしました。







さてさて、このペースで二日分を続けて書くと、えらく長くなるので、二日間のことをまとめて書きますね。基本的には、同じ内容の二日間でしたが、初日の方が、全体の出来は、良かったように思いました。

二日目の朝、演出の岩崎さんが、初日がうまくいった二日目は要注意だ、初日のミスを修正しようとか考えず、稽古してきたことを出すようにと言われていた事が、終わってみると、あぁ、なるほど~とうなづけました。

音楽でも、バンドあるいはオケの中で、メンバー間の連鎖反応が起こることを何度も経験していますが、演劇も同じなんだなと思いました。良い連鎖反応も、悪い連鎖反応も起こりえます。やっぱり生ものなんです。



私も、個人的には多くのダメだしがありましたが、はっきりしている事は、即座に修正をはかっていこうと思います。これで終わりで無いんだから。





ブログの制限字数10000字にひっかかりそうなので、

ここで分けますね。



すぐに続きを書きます。









************************************************

人気ブログランキング参加中です。

一日一回ポチッとワンクリックお願いいたします。



トロンボーン演奏・バンド演奏・イベントでの演奏・・・・

トロンボーンレッスン(個人・グループ)・金管楽器レッスン

バンドクリニック・編曲・採譜・ジャズアドリブレッスン(各楽器)

メールでのお問合せ








blogrank2.gif









COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Trombonist・・・Shibaken's Blog All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

shibaken

Author:shibaken
Trombonist 柴田健一・・・しばけん の ブログ です。
演奏予定、演奏レポ、レッスン、採譜、食べ物、飲み物、友達、芸術、写真、日々のこと、つぶやき、そんなこんなを詰め込んでみます。


私のHPへ

http://www.geocities.jp/sonicborn/



スケジュール



最新コメント



月別アーカイブ

2014年 01月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【9件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【28件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【33件】
2011年 09月 【37件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【29件】
2011年 06月 【29件】
2011年 05月 【32件】
2011年 04月 【32件】
2011年 03月 【32件】
2011年 02月 【34件】
2011年 01月 【27件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【14件】
2010年 09月 【24件】
2010年 08月 【20件】
2010年 07月 【15件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【16件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【15件】
2010年 01月 【23件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【24件】
2009年 10月 【20件】
2009年 09月 【23件】
2009年 08月 【43件】
2009年 07月 【17件】
2009年 06月 【16件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【20件】
2009年 02月 【20件】
2009年 01月 【14件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【8件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【16件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【24件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【18件】
2007年 11月 【26件】
2007年 10月 【26件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【23件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【24件】
2007年 05月 【19件】
2007年 04月 【19件】
2007年 03月 【21件】
2007年 02月 【22件】
2007年 01月 【24件】
2006年 12月 【38件】
2006年 11月 【23件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】



カテゴリ

My Live (192)
Life (72)
PC (5)
Walking (2)
Movie (3)
Drama (20)
ご挨拶 (3)
旧ブログから移行 (752)
未分類 (17)
採譜 (4)
アウトリーチ (3)
Art (1)
小ネタ (12)
Food (12)
Dance (9)
Music (28)
Lesson (5)
Festival (3)
Travel (3)
芸術家派遣事業 (3)
Photo (3)
Nagasaki (3)
CD (5)
AMAZON (1)
Tweetまとめ (369)



カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。