This Category : 芸術家派遣事業

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

次代を担う子どもの文化芸術体験事業【桜町小学校】

2013.09.27 *Fri
今日は、文化庁主催の「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」で呼んでいただいた長崎市立桜町小学校にて演奏いたしました。

アウトリーチコンサート、スクールコンサート、そしてこの事業で学校で演奏させていただいていますが、毎回、毎回新たな発見と、気付き、そして感動に満ちています。

今回は、5年生全員が聞いてくれました。

まずは、大きな拍手と歓声の中、ピアノの月岡翔生子さんと会場に入り、一曲演奏。

そののち、今日はトロンボーンの事とジャズのアドリブについて知ってもらう事を伝え、進行していきましたが、とにかくみんな元気、そして積極的、男の子も女の子も。

トロンボーンを体験してみたい人~?って聞くとほぼ全員の手が挙がりました。(なかなかないです)

曲を交えつつ、トロンボーンの歴史、発音原理、体験と進め、私が一人で演奏すると途中席を立って踊りだす子もいました。

さらに途中からはアドリブについて、説明。
実際に、私と児童のだれかと会話してみたり、クラスメート同士、フリーエチュードをやってもらいつつアドリブとは何かを体感してもらいます。

そのあとに、ジャズはペラペラの楽譜一枚で音で対話していると話し、即曲スタート。

みんなの聴き方が、まったく違ってるのが感ぜられ、、心の中でガッツポーズ(笑)

次は、小さいグロッケンを5人に一つ一つ任意の音を叩いてもらい、それを私と月岡さんでその場で曲にするっていうコーナーというか、段取り。

今日は、E Bb D A Aでした。

なかなか、演奏者側も緊張感走り、必死で世界を作ろうとするのですが、この時が一番集中して聴いてもらってるような感じがしました。手に汗握る感じが伝わったかな・・

最後の曲が終わり、アンコールはでんでらりゅうをカリプソにした「ラ・デンデ」(曲名はTさんに付けていただきました。)

あえて曲名を言わずに演奏スタートすると、途中で「ラ・デンデー」と叫ぶ男の子がひとりいて、おやっと思いつつも演奏終了。あとで先生に聞いてみると3年ほど前に訪問した小学校で僕の演奏を聴き、それから転校してきたとの事。嬉しいとともに、責任感じましたね。

最後に、お礼の言葉をいただき、5年生全員でお礼として一曲歌ってくれました。

先生のピアノ伴奏がはじまり、さぁどんな歌声かな?って身構えてると、予想を良い意味に裏切る、とっても澄んで素敵な歌声、全員コーラス部ですか!?って感じで、涙ぐみそうになる始末。

サプライズとして、歌の間奏から私と月岡さんのピアノも加わるという形でしたが、子供たちの素晴らしい歌声にこちらがサプライズでした。

呼んでいただいた先生ありがとうございます。
そして積極的にコンサートに参加してくれた桜町小学校5年生の皆さん、ありがとうございました。


子どもたちに音を届けるのは、シビアですが、やっぱりやめられない何かがあることを今日も実感しました。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

八斗の椎の実がなる木

2010.02.02 *Tue
1月26日、先週の火曜日は、雲仙市立八斗木小学校へ芸術家派遣事業として演奏へ伺いました。

この日は、冬のこの季節には貴重な晴天の日でした。


iPhoneアプリの「全力ナビ」をたよりに、現地を目指しました。

国道を島原半島沿いに東進しました。途中から半島の中心に向かって車を登らせます。

去年の春先行った百花台公園のすぐそばに位置している八斗木小学校、澄んだ空気の素晴らしい環境に学校が建っていました。


控え室として用意していただいた図書室からは、雲仙普賢岳が眼前に迫ります。


DSCF5165.jpg




校長先生に、八斗木の地名のいわれを尋ねてみると・・・
タイトルの通りなのですが、昔、八斗の実がとれる椎の木があったそうで、それで八斗木。

今、その木があるのか、聞いてくるのを忘れました。


DSCF5167.jpg




程なく本番の時間となり、ピアニスト月岡翔生子さんと演奏スタート。


DSCF5169.jpg




トロンボーンの歴史、構造、発音原理などを説明しながら、曲を聴いていただきました。

Take The A Train
Stardust
It Don't Mean A Thing
Over The Rainbow
上を向いて歩こう

アンコールも頂戴しました。
Caravan


DSCF5178.jpg




月岡さん、弾いてます。


DSCF5180.jpg




この日も、3人の小学生の皆さんに、トロンボーンを体験してもらいました。
ほとんどの児童の皆さんが、トロンボーンを初めて見ると言われてました。


DSCF5184.jpg



DSCF5185.jpg




校長先生が、ご挨拶の中で、せめて一年に一度は、生の音楽を聴いて欲しいと児童の皆さんに話されているのが印象に残りました。


お呼びいただいてありがとうございます。

校長先生はじめ、先生方には大変お世話になりました。ありがとうございます。


まっすぐな児童の皆さん、八斗木の名にふさわしい豊かな気持ちを持たれている様に感じました。
一年に一度以上、生の演奏に触れていってくださいね。

月岡さん、お疲れ様でした。また、2月もよろしくお願いいたします。





帰りは、雲仙グリーンロードをひた走って長崎へ戻ってまいりましたが、もう、眠たくて・・眠たくて・・・
カッと目を見開いて運転しました。

あ、そうだ・・・
行きがけはナビを信じて進んでいたのですが・・・
全力ナビ、私を全然違う民家の前にナビゲートしてくれました。

全力で間違えないで欲しいものです。

COMMENT (1)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

壱岐の私【芸術家派遣事業】

2009.11.13 *Fri
さて、本日13日の金曜日、朝から某デパートに開店と同時に伺いました。
目指すは、「北海道の物産と観光展」

各種イベントの中でも、集客力、販売結果の素晴らしさが周知のところであるこのイベント。
朝から味噌ラーメンいただいたり、ロイズの白と黒のポテトチップチョコレート、あの生キャラメルを買い求めたりと、テンション上げ上げで、楽しんでまいりました。

やっぱり素晴らしい、北海道物産展。



さて、時を遡る事、おととい11日は、文化庁が行っている芸術家派遣事業として、長崎県壱岐市の沼津中学校に伺いました。


今回は、私は長崎から空路壱岐に入り、共演をお願いしていたピアニスト月岡翔生子さんは、海路壱岐に入る予定でありました。

私は、長崎空港を定時にフライトしたカナダボンバルディア社製のプロペラ機で無事に壱岐に到着いたしました。

ボンバルディア機の雄姿を、ご覧ください。


DSCF4831.jpg




それにしても、パイロットの名操縦で、ほとんど揺れることなく離着陸できましたね。


さて、私が着いたのは、よかったのですが、ピアニスト月岡さんは、天候が持ち直さないため、まずはジェットフォイルが欠航、さらには、フェリーも欠航となり、壱岐への交通手段が全て閉ざされてしまい、壱岐に来れない事となりました。



学校に到着後、校長先生とお話させていただき、メンバーが揃わなかったことを、お詫びさせていただき・・・私がたどり着いている以上は、私一人で演奏することに決しました。



今回訪れた沼津中学校は、この日が、文化祭、各学年による劇あり、歌ありと、会場と一体となって盛り上がりを見せておりました。

お昼を頂き、私の出番です。



もうね、それは、やるしかないんですよ。

自分に言い聞かせ、気持ちを奮い立たせ、全てのスイッチをONに倒し、ステージに向かいました。


ただ、今だから言えますが・・・
基本単音楽器のトロンボーン、完全にソロで1時間の演奏、パフォーマンスを行うことは、初めてでありました。
マイナス面を考えれば、とても難しいものが山積しているのですが、なぜか、そのときは、そんな思いは、全く心をよぎることなく、「俺は行くんだー」的な、決意に満ち満ちていたのでした。


プログラムも基本的に、事前に提出したものの通りに進行いたしました。

M-1 Take The 'A' Train

頭の中で、ベース、ドラム、ピアノを鳴らしつつ、アカペラでのA列車が走り出しました。
アドリブは、途切れることなく、どんどん湧き出てきて、コーラスを重ねていきました。

A列車が止ると、あたたかい拍手をいただきました。

ウン!これはいける!いや行くしかない!


自己紹介と、トロンボーンの事をたくさん知ってもらいたいことを話して、さらに演奏を続けました。

M-2 StarDust

近隣の小学生も多数聴いていただいたのですが、みんな壱岐の空に見えるであろう星を思い浮かべてくれたかのように、聴いてもらいました。


トロンボーンの歴史的な説明。

トロンボーンの発音原理。

トロンボーンの音程変化の仕組み・

等を説明させていただき、さらに曲を。

M-3 It Don't Mean A Thing

スイングしなけりゃ意味が無い、まさに、この日は、私自身がスイングしなけりゃ意味が無いぜ!と
デュークエリントンからも励ましを受けているように感じました。

みんなの、元気溢れるアフタービートの手拍子に大いに盛り上げてもらいました。


トロンボーンで出る擬音を聴いてもらいました。

何をやったかは、内緒です^^


M-4 七つの子

近隣のご父兄の皆様も、じっくりと聴いていただきました。
なんの伴奏もない、七つの子。
美しいメロディーに感謝しつつ、演奏いたしました。


 ここで、トロンボーン分解しながら演奏♪をやりました。
この日は、自分が持てるものを全てやりきる、何もケチらない、そんな気持ちで演奏しました。
いや、いつでもそんな気持ちなのですが・・・この日は特に!

M-5 Caravan

寒かった体育館の、温度が少し上がったように感じたのは、気のせいだったでしょうか。冷静に考えると、かなりアバンギャルドな世界に、小中学生の皆さんをお連れしたように感じています。
いや、それもこれも、やるしかない!んですよ。

少しだけピアノを触らせてもらい、さらにアフタービートの手拍子を練習して、ラストの曲へ。

M-6 上を向いて歩こう

あぁ、会場が一つに・・・
そして、一人旅のゴールが見えてきました。


アンコール
音楽のO先生にピアノでお手伝いを頂き、全員で、校歌を斉唱、演奏いたしました。


生徒の代表の方から、花束と、お礼の言葉を頂戴いたしました。

「ぼくたちは、壱岐に住んでいるとなかなか、生演奏を聞く機会が無いので、今回はとても楽しみにしていました・・・」

あぁ、ありがとう。




演奏が終わると、ご心配いただいていた校長先生から、ありがたいお言葉をたくさんいただきました。

「生徒たちにとって、トロンボーンという楽器が特別なものになった」

あぁ、張り詰めていたものが、プツンと切れたかのように、饒舌になってしまった私。


空港まで校長先生と、壱岐の物産について大いに会話を楽しませていただき、再会を誓ってお別れしたのでした。


壱岐沼津中学校のみなさん、そして聴いていただいた皆さん、予定の編成と違いましたが、皆さんとともに過ごした1時間は、私の演奏生活の中でも、後にも先にも二度と経験できないような、貴重な時間となりました。
共に、時間を作っていただいたことに心より感謝申し上げます。

また、校長先生はじめ、先生方には、大変お世話になりました。
また、別の機会でお会いできることを楽しみにしております。
ありがとうございました。




さて、トロンボーン一本、私一人、今まで、自分が蓄積したもの、経験したもの、そのどれもが、無駄なものは、一つもなく、全てはあの一瞬にために存在したように感じました。

隠す必要も、飾る必要も全く無いと思いました。


あと、アウトリーチで重ねてきた経験が、ものすごく役に立ったし、自分を支えていることも感じました。

北海道物産展みたいに、みんなを熱くさせたいものです。(あ、オチじゃないですよ><)





さて、せっかく壱岐にお邪魔したので、一箇所観光させていただきました。

その名も猿岩。校長先生大推奨の場所です。


まずは、遠景から。

DSCF4833-2.jpg



ね、猿の横顔でしょ。

DSCF4833-3.jpg



鼻の穴も、目もありますよ。

DSCF4833-1.jpg



私も、笑顔で参加。

DSCF4834.jpg



その名も「壱岐」。20度でロックでも飲みやすい、気取らないいい感じの焼酎をお土産に。

DSCF4838.jpg






さて、波乱に満ちた壱岐での演奏も終わりました。



昨日は、小長井と、東長崎で打ち合わせが二つ、どちらもコンサートが楽しみとなる有意義な打ち合わせでありました。
道中、トンコツもビックリな出会いもありまして・・・(すみません、意味不明で)
楽しい一日でありました。




さて、近々のライブ予定をご案内いたします。
11月17日火曜日
20時開演
ボディ2ソウル(長崎市)
柴田健一・得田諭志2
MC1500

11月27日金曜日
20時開演
ボディ2ソウル(長崎市)
柴田健一・市場美奈・尾口陽軌・得田諭志・田川遊人・森次浪
MC2000(当日2500円)

11月28日土曜日
19時開演
小長井文化ホール(諫早市)
サンディトリップ
柴田健一アンサンブル
入場無料

12月12日土曜日
アルカス佐世保中ホール(佐世保市)
ロビーコンサートスペシャル
柴田健一アンサンブル他

12月18日金曜日
20時開演
ボディ2ソウル(長崎市)
クリスマスライブ
柴田健一・市場美奈・尾口陽軌・得田諭志・田川遊人・森次浪
MC2000(当日2500円)

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。



COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © Trombonist・・・Shibaken's Blog All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

shibaken

Author:shibaken
Trombonist 柴田健一・・・しばけん の ブログ です。
演奏予定、演奏レポ、レッスン、採譜、食べ物、飲み物、友達、芸術、写真、日々のこと、つぶやき、そんなこんなを詰め込んでみます。


私のHPへ

http://www.geocities.jp/sonicborn/



スケジュール



最新コメント



月別アーカイブ

2014年 01月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【9件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【28件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【33件】
2011年 09月 【37件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【29件】
2011年 06月 【29件】
2011年 05月 【32件】
2011年 04月 【32件】
2011年 03月 【32件】
2011年 02月 【34件】
2011年 01月 【27件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【14件】
2010年 09月 【24件】
2010年 08月 【20件】
2010年 07月 【15件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【16件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【15件】
2010年 01月 【23件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【24件】
2009年 10月 【20件】
2009年 09月 【23件】
2009年 08月 【43件】
2009年 07月 【17件】
2009年 06月 【16件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【20件】
2009年 02月 【20件】
2009年 01月 【14件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【8件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【16件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【24件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【18件】
2007年 11月 【26件】
2007年 10月 【26件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【23件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【24件】
2007年 05月 【19件】
2007年 04月 【19件】
2007年 03月 【21件】
2007年 02月 【22件】
2007年 01月 【24件】
2006年 12月 【38件】
2006年 11月 【23件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】



カテゴリ

My Live (192)
Life (72)
PC (5)
Walking (2)
Movie (3)
Drama (20)
ご挨拶 (3)
旧ブログから移行 (752)
未分類 (17)
採譜 (4)
アウトリーチ (3)
Art (1)
小ネタ (12)
Food (12)
Dance (9)
Music (28)
Lesson (5)
Festival (3)
Travel (3)
芸術家派遣事業 (3)
Photo (3)
Nagasaki (3)
CD (5)
AMAZON (1)
Tweetまとめ (369)



カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。